ドラコン 世界 記録。 過去の成績・歴代優勝者

ゴルフドライバーでのギネス世界記録™を取得いたしました。

これは2006年の出来事ですがそれよりも40年ほどさかのぼる1962年に、とある場所でドライバーショットを打った人がいます。

ドラコン選手が使用するドライバー

日本のトッププレイヤーもかなり飛ばしに関しては研究していますね。 300Yをゆうに超えるなんて「すごい」の一言です。 球は高くあがりいつまで経っても落ちてこない。

ゴルフドライバーでのギネス世界記録™の更新に挑戦します。

ちなみに取材の中で、170ヤード先のグリーンにサンドウェッジで何度もワンオンしたそうです! 世界記録保持者も同じかそれ以上飛ぶことは言うまでもなく想像できますね。 遠くへ飛ばす秘訣の一つは過剰にスピンをかけないこと。 しかもなんと当時64歳だというのが驚きです。

5

ゴルフコンペでよく聞く「ドラコン」の仕組みとは?史上最高記録もご紹介!

福本大象プロ、小池丈晴プロ、南出仁寛プロ、山田勉プロ、児玉克彦プロ、和田正義プロ、加茂靖倫プロ、小達敏昭プロ。 外れると、飛距離が出ても計測の対象にはなりません。

7

ゴルフドライバーでのギネス世界記録™を取得いたしました。(株式会社ルーツゴルフ プレスリリース)

ギネス世界記録を取得した「膝をついた状態でのゴルフショット」では、ヘッドスピードを上げることが難しく、ゴルフクラブのシャフトやヘッドパーツの性能と、それを巧みに使いこなす佐伯氏とのコラボレーションにより大幅な記録更新が実現いたしました。 ゴルフの世界でもそれは同様で、特にドライバーショットでどれだけ飛距離を出せるかはゴルファーとしてのひとつのステータスとも言えるでしょう。 ちなみに2016年優勝者ジョー・ミラーのスイング動画はこちらです。

20

ゴルフドライバーでのギネス世界記録™を取得いたしました。

普通の人が48インチの長さのシャフトを使いこなすのはとても難しいので、自分に合ったシャフトから少し伸ばすくらいが効果が出るでしょう。 さらに動画などで自分のフォームを記録して分析と改善を繰り返していくとよいかもしれません。