ふたば 未来 学園 バドミントン。 ~START FROM TOHOKU 2020~ 全国高等学校バドミントン交流試合 2日目

ふたば未来学園高校の出身中学&データ(平成29年度)

TVの公式Youtubeチャンネルでは、小学生と中学生の全国バドミントン選手権大会や全国高校選抜バドミントン大会に加えて全日本社会人バドミントン選手権大会や全日本実業団選手権、日本ランニングサーキット大会など各種大会の動画が配信されておる。 活動場所は校内にあるクレーコートと広野町のオムニコートを使用しています。 一人での参戦は、勿論お友達との参戦も大歓迎でござる。

1

~START FROM TOHOKU 2020~ 全国高等学校バドミントン交流試合 2日目

苦しいときもみんなに助けられて、最後まで元気にできてよかったです」 堀小雪(3年/第1ダブルスとして優勝を決めた) 「このメンバーで戦える中学校生活最後の大会だったので、一本一本を大切にしました。 今年度3回目とあって前回までの復習や各自の走りのフォームを動画で確認したり、新しい練習法を部員全員で取り組みました。 優勝まであと一勝とした。

2

【交流試合】ふたば未来学園が埼玉栄との激闘を制して頂点到達!<男子ダイジェスト>

今年は全中はなかったけど、優勝できてうれしいです」 須藤海妃(3年・写真左/第2ダブルスで先制勝利) 「途中でちょっと追いつかれて不安なときは、周りのコートを見るようにして。

2

【交流試合】ふたば未来学園が埼玉栄との激闘を制して頂点到達!<男子ダイジェスト>

世界での活躍が本当に楽しみです。 内山:今回は個人の力でもチーム力でも埼玉栄高校を上回れた感じがします。 3ゲームマッチ• その際、着目点を間違えると意味のない練習になりますから、どこに意識を置いて取り組むかも重要です。

7

【日本中学生フェスティバル】熱戦を制したふたば未来学園Aが頂点に!<女子団体>

いかがじゃったか? バドミントン情報SMASH and NET. 今回はタブレットを使ってフォームを撮影したものをその場で振り返り修正するだけでなく、走りの中で「どれだけ自分を追い込めるか」といったところにも重点を置いて行いました。 8月5日、 日本中学生バドミントンフェスティバル〜Remember2020が、福島県ふたば未来学園中・高校を会場に開催された。 力の限りを尽くして戦った両校の選手たちに、会場からは温かい拍手が送られた。

~START FROM TOHOKU 2020~ 全国高等学校バドミントン交流試合 2日目

漠然と返球しない 一つ一つのメニューに取り組む意識も高い。 春の選抜で課題だった「チーム力不足」をインターハイまでに見事巻き返したふたば未来学園高校。 新チームの主将を務める広沢紫雲(2年)は、コーチからよく「もっとガツガツやりなさい」と言われるという。

19

【日本中学生フェスティバル】熱戦を制したふたば未来学園Aが頂点に!<女子団体>

やはり中学時代の桃田選手でも勝てなかったシニアの壁は厚かったですね。

17