再生 医療 学会。 第20回日本再生医療学会総会《 2021年3月11日(木)〜13日(土) 》

第13回日本再生医療学会総会

2014. 1992年:細胞療法研究会発足• プリンシプルとして提案されている指針はないが、本基準は、これらの指針との整合性を考慮し、さらにわが国での自然に対する考え方や原子力発電所の事故を通じて科学者集団に向けられた否定的な感情、臨床研究の歴史や研究実施体制における課題を考慮にいれた。 近年、再生医療の治療に関する研究が、各分野でめざましく進んでいます。 宮城県• 学会見学ツアー(企業展示のみ)• (2)学会見学ツアー、(3)研究者講演、(4)ランチョンセミナー の中で参加希望のものにチェックを入れる。

中高生のためのセッション|第19回日本再生医療学会総会

応募は、インターネットによるオンラインシステムでの登録のみとなっております。

14

中高生のためのセッション|第19回日本再生医療学会総会

利益相反による弊害を防ぐ 再生医療人は、業務に影響すると思われるさまざまな利益相反(ある行為が、一方の利益になるのと同時に他方の不利益になる状態)を予測し、予防策を講じたり、経済的な利益は適切に公開するなど、弊害が起こらないように努める。 5.対象者の自律性を尊重する 細胞の提供者には、細胞の使用目的や内容、提供を依頼されている理由、幹細胞株を樹立して長期間使用すること、遺伝子解析等の実施、医療情報や個人情報の提供の必要性、匿名化の程度や情報の扱いの手続き、同意撤回の可否や手続き、提供の自由、知的財産は開発した部署に属することなどについて書面にて説明し、同意を取得する。 また、これらの基準を他者(市民、他領域の専門家、研究出資者、雇用者など)に明示することで、再生医療人の基本的な姿勢(使命や価値、態度)が理解され、再生医療のコミュニティ全体に対する信頼や尊敬を得ることも期待できる。

プログラム・日程表

福岡県• 組織は、再生医療人に逸脱した行動を強いることにより、結果として社会に不利益をもたらし、社会からの信頼を失うとともに、再生医療人のプロフェッショナリズムを損なうことを認識する。 共著者の氏名(ふりがな)、性別、学校名(ふりがな)、学年• 京都産業大学 生命科学部 准教授 川上 雅弘• :包括的連携協定締結(2018年)• そして、仮にこれらの対策では対応できない事象が起きた場合でも、患者、家族、医療者という限られた者の中で責任がとれる範囲であるという蓋然性が担保されている時に実施する。

2

日本再生医療学会

福島県 関東信越ブロック• 神奈川県• 多数の方々に、発表や議論を楽しんでいただけるような総会を目指しております。 22 の募集期間を10月29日(月)正午まで延長いたしました。 なお、細胞提供者や対象者の健康や福利の増進に役立つ情報が予期せず得られた場合に、本人に返却するかどうかなどは、専門家集団が話し合って方針を決める。

14

市民のみなさまへ

これらの目的の実現にあたり、今回8年間にわたり、わが国における細胞療法研究の発展に大きな貢献を果たしてきた細胞療法研究会の趣旨を継承しながら発展的に解消し、新たに「日本再生医療学会」を設立するものであります。

12