入っ て くん な よ 私 の 道。 成長

中学受験、高校受験、大学受験。いろいろ経験して分かったこと。

そこで第1次全盛期に見ていた大吾くんや流星くんの姿を目にし、わぁ、大人になったなぁと物凄く保護者目線で見ていた訳ですが 失礼 、1番目で追ってしまう人物がいたのです。 「台湾」にスイッチが入った頃 では、何があって台湾研究などを始めたのか。 可愛らしいわんこのような見た目に反して、キレキレのダンスと響き渡る歌声。

14

私の台湾研究人生:研究事始めの頃

その頃だったと思う。 また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。

私の台湾研究人生:研究事始めの頃

バナー写真=筆者(野嶋剛撮影). その前年に中華民国は国連から追われている。 運動会で踊った、嵐のHappiness。

私が大橋和也くんのファンになるまで。|ねぷる|note

そしていつからか嵐のファンになり、小5のお年玉で嵐のファンクラブに入れて貰いました。 台湾を研究対象としているのは、個人的に台湾に係累がいるのだろうとよく言われた。

15

私の台湾研究人生:研究事始めの頃

が低ければ、姉と同じ県立高校には入れなかったかも。 ねぷると申します!突然こいつ誰だ??ってなったでしょう!そうです、私もそうです おい 急に描きたくなってnote登録し、思いのままに描き始めました、、 タイトルにある通り、私はいま大橋和也くんのファンをしてます。

ベルリンのメイコさんから気合の入ったメッセージ「本当の自由とは、道のないところから道を創り出すこと。私たちは愛で結ばれている。BEAUTIFULとは、最大限で自分自身になること」

70年代前半は日本の新聞には「台湾」の二文字はめったに出ない時代だった。 』(ぶんか社)を12年に出版。 こうした状況が継続する年数と私の台湾研究者としての活動年数もほぼ同じなわけである。

13

私の台湾研究人生:研究事始めの頃

どういうわけか何年も経ってからこのことをふと思い出して、そういえば蒋介石だって「大陸反攻」はできなかったではないかと思ったりもした。 1949年と72年 私は1949年生まれである。 元々私の友人に関西のヲタクがいたのでそれの影響も大きいと思います。

2