札幌 市 時短 要請。 市内飲食店等に対する営業時間短縮要請について/札幌市

道、札幌全域の飲食店に時短要請へ 2月28日まで(朝日新聞デジタル)

そのうえで「道との調整がもめたとか難航したとかということはない。

3

道内感染者は減少傾向…しかし時短要請は札幌全域に その理由は?道と札幌市の綱引き(HBC北海道放送ニュース)

新規感染者数が減少傾向のなか、これまで以上の強い措置で感染を抑える方針だが、時短要請では解除を求めた札幌市との「すれ違い」が目立った。 (松尾一郎、芳垣文子) 道が検討する新たな対策 【道内全域】 ・「集中対策期間」を政府の緊急事態宣言(現在は3月7日まで)に合わせて延長 ・首都圏など緊急事態宣言の対象地域との往来を自粛 ・札幌、小樽市との不要不急の往来を自粛(2月28日まで) 【札幌市】 ・感染リスクを回避できない場合は不要不急の外出を自粛(2月28日まで) ・市内全域の飲食店に午後10時までの時短営業を要請(2月28日まで)。

13

北海道“コロナ集中対策期間”延長 “時短要請”札幌市全域へ

現在札幌市では10万人あたり約17人(全道では約9人)。 道は単独で要請に応じた事業者には1店舗あたり1日2万円の支援金を払う方向で調整している。

飲食店への時短要請 28日で解除へ

ここは、札幌中心部に近い食品の卸業者の倉庫。

4

時短要請28日解除へ 新型コロナウイルス 北海道43人感染 | 北海道のニュース | ニュース | STV札幌テレビ

道内の飲食店やホテルに食材を卸しているのですが…。 時短要請に応じた飲食店には1日2万円が支給されています。 」…北区麻生にある居酒屋の店主、竹田吉啓さん。

6

飲食店への時短要請 28日で解除へ

札幌市内の飲食店を対象にした営業時間の短縮要請について、道は期限としている今月いっぱいで予定どおり終える方針です。 札幌市で人口10万人あたりの新規感染者数が週平均で15人を下回るなどすれば、2月28日までの期限前でも解除を検討する。 「」と「」に基づく対策の徹底 要請期間 令和3年2月16日(火曜日)から令和3年2月28日(日曜日)までの13日間 協力支援金の概要• ススキノ限定の対策を終わらせたい札幌市と、飲食店の感染対策を続けたい道。

札幌市全域に時短要請拡大 関連産業も危機に直面

札幌市内の接待飲食店とススキノの全飲食店に時短要請 2月2日 政府が10都府県への緊急事態宣言を3月7日まで延長 13日 集中対策期間を延長(~3月7日)。 にぎりめし札幌店 斎藤 透 店長:「コロナ以前には戻らないが、店としては期待しています」 札幌市と小樽市に出されていた不要不急の外出自粛要請と、往来自粛要請も終了しました。 道は今月10日、コロナ対策の集中対策期間を来年1月15日まで延長すると決定。

19

市内飲食店等に対する営業時間短縮要請について/札幌市

対象及び要請内容 対象施設 札幌市内全域の飲食店・カラオケ店 要請内容• また、ワクチン接種について鈴木知事は、「国から配分されるワクチンの量は都道府県が必要とする量を大きく下回ることが示されており、このままでは地域に混乱が生じる」と述べ、ワクチンを優先配分すべき医療機関や市町村の選定の考え方などを早急に示すよう国に要請したことを明らかにしました。 道は昨年10月28日に集中対策期間を開始し、延長を繰り返してきた。 しかし、感染が長期化すれば客足の回復も見込めないからだ。

8

札幌の飲食店 時短要請は終了へ|NHK 北海道のニュース

道は13日の対策本部会議で一連の方針を正式決定し、鈴木直道知事が記者会見で説明する。 いずれもコロナ対策の「集中対策期間」の来年1月15日まで行う。 札幌・ススキノ地区の全飲食店に求めていた午後10時までの時短要請は札幌市内全域の飲食店に対象を拡大する。