é‚Ēåŋĩ 意å‘ŗ。 ã€Œæ˜ŽéĄæ­ĸ水」ぎ意å‘ŗやį”ąæĨとはīŧŸäŊŋい斚とåē§åŗぎ銘ãĢį›¸åŋœã—いį†į”ą

「゚トイック」ぎ意å‘ŗとはīŧŸäŊŋã„æ–šã‚„éĄžčĒžãƒģ寞įžŠčĒžã‚’䞋文つきでč§ŖčĒŦ

åŽŗしいįĩŒé¨“ã‚’įŠã‚“でいるぎで、逆ãĢå‘¨å›˛ãĢå„Ēしくį†č§Ŗがあるぎもį‰šåž´ã§ã™ã€‚ 上司ãĢ怒られたり、成į¸žãŒä¸‹ãŒãŖãĻしぞãŖたりと、あãĒたãĢčĩˇãã‚‹åąæŠŸã‚’明įĸēãĢ感じとることができるぎではãĒいでしょうかīŧŸ こぎ寞å‡Ļæŗ•ã¯ã€ 『č‡Ē分でč‡Ē分ぎåŋƒã‚’č„…ã™ã€ という斚æŗ•ã§ã™ã€‚ é‚Ēåŋĩã¯æąšã„ã‚‚ãŽã¨ã•ã‚Œã€é‚Ēåŋĩがį„Ąã„äēēをį„Ąåžĸ、ピãƒĨã‚ĸ、į´”įœŸã¨ã„う様ãĢįžŽã—いもぎとしãĻ襨įžã™ã‚‹ã€‚

æ˜ŽéĄæ­ĸæ°´

- 2020åš´10月31æ—Ĩâ€ĸ 怨åŋĩがæ¸Ļåˇģくâ€ĸ するとそんãĒæēœãžãŖãĻいた感情やåˆēæŋ€ãĢは、ãģã¨ã‚“ãŠããŽæ™‚ãŽč¨˜æ†ļīŧˆæ˜ åƒīŧ‰ãŒã‚ģットãĢãĒãŖãĻã„ãžã™ã‹ã‚‰ã€ããŽč¨˜æ†ļが雑åŋĩというåŊĸで暧き上がるぎです。

13

æ˜ŽéĄæ­ĸæ°´

「おんさ」とはčĒ­ãžãĒいぎでæŗ¨æ„ã—ãĻください。

4

įž‘æƒŗやæ—Ĩ常で雑åŋĩが暧くåŋƒį†įš„ãĒ意å‘ŗと゚ピãƒĒチãƒĨã‚ĸãƒĢãĢæļˆã™æ–šæŗ•

ãĄãĒãŋãĢ「゚トã‚ĸ」というå‘ŧãŗ斚は、å‰ĩ設者ã‚ŧノãƒŗが教授しãĻいた場所ãĢ「゚トã‚ĸãƒģボイキãƒŦ」というåŊŠč‰˛æŸąåģŠãŒã‚ãŖたことãĢį”ąæĨしãĻいぞす。

8

「゚トイック」ぎ意å‘ŗとはīŧŸäŊŋã„æ–šã‚„éĄžčĒžãƒģ寞įžŠčĒžã‚’䞋文つきでč§ŖčĒŦ

「゚トイック」ぎäŊŋい斚と䞋文 「゚トイックãĒäēē」はč‡Ē分ãĢåŽŗしくするäēēを指す 「゚トイックãĒäēē」とはæ—Ĩ常į”Ÿæ´ģぎさぞざぞãĒ領域ãĢおいãĻ、č‡ĒčēĢぎčēĢを持し、åŽŗしくãƒĢãƒŧãƒĢã‚’æ•ˇã„ãĻいるäēēぎことです。 ただ、感čĻšįš„ãĢ、įĩŒé¨“則įš„ãĢ、į†č§ŖしãĻいるäēēも少ãĒくãĒく「そういãŖたことも、あるぎかもしれãĒいãĒ」と思ãŖãĻ記äē‹ã‚’čĒ­ã‚“で下さãŖãĻいる斚もいらãŖしゃることでしょう。

2

雑åŋĩとé‚Ēåŋĩぎ違いīŊžé›‘åŋĩとé‚Ēåŋĩぎ違いをį°Ąå˜č§ŖčĒŦ

それは最įĩ‚įš„ãĢは、æ—Ĩ常でäŊ•ã‚‚æ€æĄˆã›ãšã€äŊ•ã‚‚æƒŗåŋĩがæĩŽã‹ãšãĢ、そぎ時々をį”Ÿãã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒるということ。 ä¸ģãĢフロãƒŧãƒĒãƒŗグやテãƒŧブãƒĢãĢ「į„Ąåžĸ材」をäŊŋうäēēが多くいぞす。

6

é‚Ēåŋĩを捨ãĻる5つぎ斚æŗ•īŊœį…Šæ‚Šã‚„雑åŋĩを払い新しいč‡Ē分ãĢį”Ÿãžã‚Œå¤‰ã‚ã‚‹

そぎ場éĸをæƒŗ像するâ€ĸ 頭ぎ中がįŠēãŖãŊãĢãĒã‚‹ãŸã‚ã€æ–°ã—ã„æ€č€ƒã‚’å…ĨれやすくãĒるからです。 ã€Žč˜å­ãƒģåžŗ充įŦĻ』ãĢã‚ã‚‹ã€Œæ˜ŽéĄã€ã¨ã€Œæ­ĸ水」ぎäēŒã¤ãŽč¨€č‘‰ã‚’合わせãĻできたåĨ。

3