四 字 熟語 らん しょう ほう しゅう。 四字熟語一覧

「終」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

覧古考新 らんここうしん 古いものを参考にして新しいものを考察すること。 仏教で、歩くこと、止まること、座ること、横になることを指します。

5

四字熟語一覧

父母が大事に子供を育てる恩をいう。 「 起 き 承 しょう 転 てん 結 けつ」は、四コマ漫画の基本などとして知られていますが、もとは漢詩の構成法でした。

11

四字熟語

この辺りは有名企業の社宅が多いから、この学校は公立とは言え、 鸞翔鳳集、優秀な人が集まるらしいわ。

鸞翔鳳集【らんしょうほうしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

また、官位や禄に未練があってなかなかやめようとしないこと。 蘭秀菊芳 らんしゅうきくほう 蘭に秀有り 菊に芳有り。

18

四字熟語

または、春の風情を表す言葉。 または、世の中が荒れ果てること。 楽髪苦爪 らくがみくづめ 人の苦楽の様子のことで、楽をしているときは髪が早く伸び、苦しいときは爪が早く伸びるということ。

四字熟語一覧

度量が広く、豪快なようす。 頼芸求食 らいげいきゅうしょく 芸を売って生活すること。 。

17

「い」から始まる四字熟語一覧

(1級) 嵐影湖光 らんえいここう 山水の美しい景色の形容。 元は、象牙などの加工で、「切」は切る、「磋」は研ぐこと。 花が舞い散るという意味から。

9