アズノール 軟膏 薬価。 おむつかぶれに処方される「亜鉛化軟膏」と「アズノール軟膏」の違いは?どう使い分ける?

アズノール軟膏と同じような市販薬はあるのか

お忙しい方は、なかなか受診する時間が取れない事もあり、つい「市販薬で何とかならないかな」と考えてしまうと思います。

14

ハイパー薬事典

抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 重症度の判断は、皮膚科医などの専門家が行うべきですので、医師の診察をしっかりと受け、最適な軟膏を処方してもらいましょう。

1

軟膏の薬価について

このように、アズノール軟膏と全く同じ成分からなる外用市販薬はないのが現状です。 よく見られる皮膚の炎症症状に、あせもやニキビがありますが、アズノールはこれらの皮膚疾患にも使用はできるのでしょうか。

アズレン:アズノール

【アズノール軟膏(アズレン)の特徴】 ・効果は全体的に弱め ・その分副作用も非常に少ない ・眼球などを除くほぼ全身に使用できる ・赤ちゃんにも安全に使用できる スポンサーリンク 2.アズノール軟膏はどんな疾患に用いるのか アズノール軟膏はどのような疾患に用いられるのでしょうか。 更に2番目の創傷保護作用は、基剤がワセリンなど保湿力の高いものであればある程度補えます。 一方で保険診療で処方してもらうアズノールは、専門家である皮膚科医が皮膚状態を見て処方するわけですから、高い精度で皮膚状態に適したものと言えますし、1本(20g)で50円程度ととても安価です。

3

アズノール軟膏0.033%(日本新薬株式会社)

しかし、おむつかぶれに使用するのであれば、 外観を気にする必要も無いので、 色の違いは問題にはならないでしょう。 残念ながらアズノール軟膏は市販されておらず、薬局やドラッグストアで購入することはできません。

軟膏の薬価について

ごく稀とはなりますが、以下の症状が副作用として出る場合があります。 川島 眞, 臨床医薬, 6 8 , 1671-1681, 1990• 自分が飲んでいる薬の名前や病名などはきちんと病院に伝えてください。