昭和 10 年 年齢。 1935年(昭和10年)生まれ~年齢・干支・厄年早見表

【1935年・昭和10年】生まれの年齢/西暦/和暦の早見表

第二次世界大戦が始まったとき1935年生まれの方は1歳〜2歳でした。 61 2014 平成26 127,083 1,003,539 1,273,004 -269,465 7. 市町村・人口集中地区の人口階級別集計結果• 日本の出生率低下は戦前から始まっていたが、戦時中の出産先送り現象のため終戦直後の1940年代後半にはが起き、出生数は年間約270万人に達した。

3

年齢早見表 1935年(昭和10年)生まれ

厚生労働省の発表する人口動態調査には、公表数値から推計した年間推計、月ごとの概数を合計した月報年計(概数)、月報年計に修正を加えた確定数の3種類があり、それぞれ翌年の1月1日、6月上旬、9月上旬に公表される• 明治の初めまでは、約3,000万人程度で推移していた。 通勤・通学人口及び昼間人口• 2002年(平成14年)の第12回出生動向基本調査によると、結婚持続期間が0-4年の夫婦の平均理想子供数と平均予定子供数は上の世代より減少しており、少子化の加速が懸念される。

5

昭和10年生まれ

抽出速報集計結果 編集・解説シリーズ• 2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 87 1965 昭和40 98,883 1,844,452 705,363 1,139,089 18. そのため、「都市圏の出生率が低くても地方から人を集めればいいという安易な発想は、日本全体の少子化を加速させ、経済を縮小させる。 52 2006 平成18 127,710 1,092,674 1,084,450 8,224 8. 高齢人口と高齢者のいる世帯• 2016年12月25日閲覧。 世帯と住居• 2018年11月14日閲覧。

【年齢早見表】1935年(昭和10年)生まれ版。

全国都道府県市区町村別人口(要計表による人口)• 1 年齢3区分別の人口は、年少人口(0-14歳)は1743万5千人で前年に比べ15万人の減少、生産年齢人口(15-64歳)は8373万1千人で69万1千人の減少となっているのに対し、老年人口(65歳以上)は2660万4千人で84万3千人の増加となった。 97 1952 昭和27 85,503 2,005,162 765,068 1,240,094 23. 42 2015 平成27 1,005,677 1,290,444 -284,767 1. 住宅編 昭和40年(1965年) 昭和40年国勢調査報告 第1巻 人口総数 第2巻 1%抽出集計結果 その1 年齢・男女・配偶関係・国籍 その2 労働力状態・産業・従業上の地位 その3 職業 その4 世帯 その5 住居の状態 第3巻 全国編 その1 年齢・男女・配偶関係・国籍・労働力状態・産業・職業・従業上の地位・世帯 その2 従業地・通学地 その3 従業地の産業 第4巻 都道府県編(46分冊) 第5巻 20%抽出集計結果全国編 その1 年齢・出生の月・配偶関係・国籍・世帯・準世帯員・住居の状態 その2 産業と職業 第6巻 20%抽出集計結果都道府県編(46分冊) その他• 5 1943 昭和18 73,980 2,235,431 1,204,802 1,030,629 30. 51 1994 平成6 125,178 1,238,328 875,933 362,395 9. 高齢人口と高齢者のいる世帯 日本人口地図シリーズ 展示用地図• 通勤・通学人口及び昼間人口• 34 2008 平成20 1,091,156 1,142,407 -51,251 1. 66 1983 昭和58 119,307 1,508,687 740,038 768,649 12. 大正(たいしょう)は1912年7月30日から1926年(大正15年)12月24日まで• 調査区関係資料利用の手引• 全国都道府県市町村別人口及び世帯数(確定数)• 全国都道府県市区町村別人口(要計表による人口)• 第2巻 市町村編 第1号 沖縄北部 第2号 沖縄中部 第3号 沖縄南部 第4号 宮古,八重山 昭和35年(1960年) 昭和35年国勢調査報告 第1巻 人口総数 第2巻 1%抽出集計結果 その1 年齢・配偶関係・国籍・教育・婦人の出産力 その2 人口移動 その3 労働力状態・産業・従業上の地位・就業時間・失業 その4 職業 その5 世帯の構成 その6 居住状態 第3巻 全国編 その1 年齢・配偶関係・国籍・人口移動・教育・出産力・労働力状態・産業・職業・世帯・居住状態 その2 従業地・通学地による産業別就業者数と通学者数 その3 常住地と従業地・通学地 第4巻 都道府県編(46分冊)(その1 北海道 ~ その46 鹿児島県) その他• 人口編 第1巻 総括編 その1 (人口,国籍,配偶関係,教育,就業関係) その2 (出産力)• 我が国の人口集中地区• 職業別就業者の時系列比較(昭和5年~45年) 解説シリーズ• 産業別就業者の時系列比較(大正9年~昭和45年)• 0 44(19) … … 45(20) … … 46(21) … … 47(22) 26. 3 1910 明治43 49,184 1,782,000 1,071,000 711,000 33. 15 1968 昭和43 102,061 1,893,219 691,647 1,201,572 18. 人口調査(集計結果摘要) 《人口,年齢,従業上の地位,産業別有業者数》 【昭和20年(1945年)】(沖縄県は調査していない。

6

年齢早見表|昭和11生まれ

地形別人口分布,市区町村別人口密度 他22主題 その他• 46 1947 昭和22 78,025 2,678,792 1,138,238 1,540,554 34. 生年別年表 生まれた年ごとの、学校の入学・卒業年、厄年、年祝い、過去の出来事などの一覧表です。 全国都道府県市町村別人口及び世帯数(確定数) 平成2年(1990年) 平成2年国勢調査報告 第1巻 人口総数 第2巻 第1次基本集計結果<人口及び世帯・住居に関する事項> その1 全国編 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第3巻 第2次基本集計結果<労働力状態,産業別構成及び教育に関する事項> その1 全国編 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第4巻 第3次基本集計結果<職業別構成に関する事項> その1 全国編 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第5巻 抽出詳細集計結果 その1 全国編 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第6巻 従業地・通学地集計結果 その1 従業地・通学地による人口-男女・年齢・産業(大分類) 第1部 全国 第2部 都道府県・市区町村(都道府県ごとに47分冊) その2 従業地による人口-職業(大分類)(3分冊) 第1部 北海道・東北・関東 第2部 中部・近畿 第3部 中国・四国・九州・沖縄 その3 従業地による人口-産業・職業(中分類)(3分冊) 第1部 北海道・東北・関東 第2部 中部・近畿 第3部 中国・四国・九州・沖縄 第7巻 人口移動集計結果 その1 転出入人口の基本属性(8分冊) 第1部 全国 第2部 北海道・東北 第3部 関東I 第4部 関東II 第5部 中部 第6部 近畿 第7部 中国・四国 第8部 九州・沖縄 その2 転出入人口の職業構成 第8巻 特別集計結果 外国人に関する集計 その1 国籍,外国人のいる世帯の家族類型 その2 労働力状態,産業,職業,従業上の地位 別 巻 我が国の人口集中地区 最終報告書 日本の人口 解説編 資料編 速報シリーズ• 都道府県の人口(都道府県ごとに47分冊) 日本人口地図シリーズ 展示用(四六全判)• 付録 日本人口地図• 人口移動• 99 2000 平成12 126,843 1,194,000 968,000 226,000 9. このような傾向がみられる要因として、西日本の方が東日本よりも女性の社会進出率 や女性の幸福度が高いことなどが挙げられている 、が明確なことはわかっていない。

2

1935年(昭和10年)生まれの年齢早見表|西暦や元号から今何歳?を計算

5 1932 昭和7 65,800 2,165,000 1,165,000 1,000,000 32. 78 1984 昭和59 120,083 1,489,786 740,247 749,539 12. 日本の人口統計は、明治5年()にを編纂した際、総人口は3311万人と集計されたが、役所の戸籍簿の集計で直接の人口調査ではない。 (降順のみ)• 02 1974 昭和49 110,162 2,029,989 710,510 1,319,479 18. 我が国人口の概観• 2 1925 大正14 59,737 2,080,000 1,211,000 869,000 34. 2022年の誕生日を迎えていない場合は1歳マイナスして計算してください。

6

【年齢早見表】1935年(昭和10年)生まれ版。印刷用(A4横・ヨコ)

都道府県の人口(基本集計結果)(46分冊) 日本人口地図シリーズ• 11 1992 平成4 124,425 1,208,989 856,643 352,346 9. 01 1999 平成11 126,631 1,197,000 985,000 212,000 9. 国勢調査速報 世帯及び人口• 6 1919 大正8 55,033 1,850,000 1,290,000 560,000 31. 39 2011 平成23 1,050,806 1,253,066 -202,260 1. 人口集中地区別人口速報• 33 2004 平成16 127,680 1,126,000 1,024,000 102,000 8. これは間引きが罰せられるようになったことで大家族の家庭が多くなったのに加え、明治以降の保健・医療など水準の向上、農業生産力の増大、による経済発展に伴う国民の所得水準の向上と生活の安定などの要因により発生しただった。 全国速報集計結果(1%抽出集計結果)• お間違いがないようご注意下さい。

1