転移 性 恋愛 ネタバレ。 転移性恋愛?!医学部でまだ2年生の者です。先日、心理学の授業で...

【ネタバレあり】転移性恋愛~精神科医のタブー~のレビューと感想

こうした嘘や見せかけはすぐにばれる。 ロシアのお金持ちのユダヤ人家庭に生まれた彼女は、もともと想像力豊かな子供だったんだけど、いろいろな強迫観念に悩まされ、次第にうつ状態や錯乱状態などに陥ることも増えたため、十九歳の時にスイス・チューリッヒにあるブルクヘルツリ病院に入院して、若きユングの治療を受けた。 患者が「表現しやすい環境」がまず大切だからです。

8

フロイト論文「転移性恋愛についての観察」を読んで:精神分析から見た真実の愛と偽りの愛

そして「愛」という現象は、常にすでに、一回性のものでしかありえないんだね。 私は2番目のカウンセラーが母性の強い方&転移についての深い理解のある方だったので、 私の赤ちゃん返りをそのまま受け止めてくださいました。

12

転移性恋愛について

」と言うと、「そうね。 フロイトの報告事例は、どれもすっきりと治った事例ばかりじゃない。 フロイトが転移のことを深く認識するきっかけになった事例としては、なんといっても「症例ドラ」が有名だ。

15

「いま」と出会い直すための精神分析講義

特定の病名はついていません。 いやほんと、フロイト先生が癒し系の治療名人なんかじゃなくて良かったと思うよ。

みんなのレビューと感想「転移性恋愛~精神科医のタブー~」(ネタバレ非表示)

> 初めのうちはそれは相手が拒否しているのだと思っていたけど、 どろ沼の中でトコトンもがくうち、相手は拒否したり、出し惜しみしているのではなく、 私がもとめるお母さんのぬくもりをもともと持っていない人なのだと分かってきた。 治療者が転移を起こすとは、治療者自身が過去に抱えていた感情を患者に再現するということです。

9

【ネタバレあり】転移性恋愛~精神科医のタブー~のレビューと感想(2ページ目)

なので超絶プラス思考能天気マンと一緒になると回復ワンチャンあります。

「いま」と出会い直すための精神分析講義

こうしたことに帰着するのは確実なのだが、よく知られているように、この事実は精神分析理論のひとつの基盤であり、分析医と分析を必要とする患者双方にとって、利用することができるものなのだ。 私はクライアントと身体接触をして尚且つ境界 >線をまもる自信がない」と説明されました。

6

患者が主治医を好きになる「恋愛転移」は、境界性人格障害の治療でも注意が必要

「これこそが真の恋愛だ」と「これは絶対に恋愛ではない」のあいだには広大なグレーゾーンがあり、このグレーゾーンをすっかり切り捨ててしまえば、恋愛なるものの本質(もしそのようなものがあればの話だが)も一緒に取り逃してしまうことになる。 うつなどの精神的な病気を患っている側としては、そういう方は読まない方がいいかもしれません。 抑圧されていたものを意識に呼び出しはしたが、ただびっくりして抑圧しなおすだけのことになる。

11

転移性恋愛についての観察

これについても誰の目にも明らかである。 泣いてたのんでもだめでした。 (9)転移の破壊性と創造性 フロイトは転移を爆薬に例えて表現し、危険だからと言って扱わないことで重要なことができなくなってしまうと言っている。

16