それでも 僕ら は 走り 続ける。 韓国ドラマ【それでも僕らは走り続ける】あらすじ10話~12話と感想

「それでも僕らは走り続ける」イム・シワン、後輩を暴行した加害者たちのもとへ

イム・シワンはファンミーティングを控えて「久しぶりのファンとの出会いに胸が躍る。 PLUM A&Cは17日「2021 Spring Walk With Yim Siwan」オンライン生中継を行うと明らかにした。 映画は観に行けないと先輩へ断りを入れ、そのまま大興奮でジウを見続けていた。

8

「インタビュー」俳優カン・テオ、ドラマ「それでも僕らは走り続ける」で恋人役スヨン(少女時代)や和気あいあいとした現場について語る

キ・ソンギョムはすぐに監督とコーチのところにも行った。

4

ドラマ「それでも僕らは走り続ける」が爽やかすぎて春だったので、感想とキャスト紹介。

そこへソンギョムがミジュとダナの方へ向かって歩いてくるのであった。 その様子にダナはウインクをして答えた。 ミジュは教授に女だからと侮辱したことに対して謝罪を求めるが、教授はそっちから侮辱してきたじゃないかとさらに大興奮の修羅場に。

12

韓国ドラマ【それでも僕らは走り続ける】あらすじ10話~12話と感想

そして場面は変わり、ソンギョムはトップ女優である母親ユク・ジウ(チェ・ファヨン)と一緒に映画祭に参加していた。 ミジュはすかさず、それはライターだと説明した。

「インタビュー」俳優カン・テオ、ドラマ「それでも僕らは走り続ける」で恋人役スヨン(少女時代)や和気あいあいとした現場について語る

一方でダナは父と兄のミョンミン(イ・シンギ)と食事をしていた。 カフェを出たダナを追いかけ、ミジュはなぜあんなことをしたのかと問いただした。

5

それでも僕らは走り続けるとは

また恩師に直談判しに出向いたソンギョムだったが、頑なに拒否していたパン監督に過去に何があったのかも気になるところである。 するとソンギョムの横を逃げる男とミジュが走り去る現場を目撃。

15