可塑 剤。 可塑剤

可塑剤とは

玩具や生活用品などの塩ビペースト製品、ゴム製品にご使用頂けます。 Dioctyl adipate アジピン酸ジオクチル• 可塑剤の使用される樹脂の例 ビニル系樹脂 ポリ塩化ビニル、ポリ酢酸ビニル、ポリメタクリル酸エステル、ポリスチレン セルロース系樹脂 アセチルセルロース、ニトロセルロース 可塑剤の例 フタル酸エステル以外に、脂肪族ジカルボン酸エステルのアジピン酸エステル、リン酸エステル、トリメリット酸エステルがある。

2

製品案内

サンソサイザー DOZ(アゼライン酸ビス(2-エチルへキシル)) アゼライン酸と2-エチルヘキサノール(炭素数8)のエステル化からなるアゼライン酸系可塑剤です。 DOAはポリ塩化ビニルや合成ゴムに対して低温柔軟性を付与する耐寒性可塑剤です。

13

可塑剤とは

可塑剤に必要とされる基本的な物性として、分子量と沸点が挙げられます。 融合性の大きさによって可塑剤は主可塑剤、補助可塑剤及び増量剤という三つの種類に分けられる。

3

可塑剤

また変成シリコーン等のシーリング材の耐久性向上剤としても好評です。 2662となります。

7

可塑剤

また低粘度で粘度指数も高く、低温流動性も良好であるため、潤滑油としても好評です。 ポリ塩化ビニルにおけるフタル酸エステル(特にフタル酸ジエチルヘキシル、DEHP)が最も多く使用されている。

12

可塑剤の種類と使われ方|安全性|塩ビ工業・環境協会(VEC)

と言って、バックグランドイオンを完全にゼロにする事は不可能です。 DOZはDOAより優れた耐寒性を有し、DOAより耐揮発性に優れた耐寒性可塑剤です。

18

可塑剤とは

高温環境下ではこの現象はより短期間のうちに進行する。

16

製品案内

このような状態は、重量物を動かすときに ころを使うと動かしやすいという原理と同じである。 DOP代替として、DINP(フタル酸ジイソノニル)や非フタル酸系可塑剤が候補として挙げられています。 DIDAはDOAと同等の耐寒性を有し、DOA,DINAより耐揮発性に優れた耐寒性可塑剤です。

2