保阪 正康。 半藤一利さんは、なぜ史実にこだわったのか 保阪正康の「不可視の視点」<特別編>(1): J

日本学術会議への人事介入は「レッドパージ」の再来である=特別寄稿・保阪正康

回天もそうであるが特攻機に使われた航空機もアホでは操縦できない。 たまたま私は札幌出身でもあり、このフォーラムのパネリストを毎回務めていた。

4

半藤一利さんは、なぜ史実にこだわったのか 保阪正康の「不可視の視点」<特別編>(1): J

保阪正康と半藤一利による、現代社会へのメッセージ 保阪正康と、同じく昭和史研究の大家であり『日本のいちばん長い日』などを著した半藤一利との対談本です。 、個人誌『昭和史講座』の刊行で第52回受賞。

15

昭和史研究の第一人者が決意の激白〜安倍首相の「歴史観」を問う!(保阪 正康)

もうひとつは、四文字七音を安易に用いるな、ということであった。 11、のち、• 『の戦争』()2018年• 123• 従って半藤さんの発する一言で、私はそれが何を意味しているかがわかるようになった。

1

ノンフィクション作家・保阪正康が語る「『昭和史』からの教訓と、平成の天皇との私的な懇談」

僕より9歳上の半藤さんは、昭和史の取材で旧日本軍の将官・佐官、つまり決定する側の人たちによく会っていた。 もう15年ほど前になろうか、軍事指導者のあまりにも愚劣な作戦で兵士たちが殺されていったことを思うと、誰かがその責任を問うておかなければならない、我々はそれをやらなければいけない、と聞かされたことがある。

7

79歳“在野の昭和史研究者”保阪正康 妻子持ちの32歳で大学院への道を捨てた日

見たいところだけを見ることもできる。 、を卒業。

保阪正康

ごく当たり前の常識の問題なのである。

18

追悼・半藤一利さん 「現代史の羅針盤」を失い、私たちは何をすべきか=保阪正康

198• なかにしさんの両親は、旧満州国の牡丹江に赴き、大々的に商店を開いていた。 「とにかく現在の憲法を100年持たせよう」という考えであった。 そして、保阪氏が書くように無理やり特攻機に乗せられても操縦などできるはずもない。

20

半藤一利さんが「100年」の単位に込めた意味 保阪正康の「不可視の視点」<特別編>(2): J

現代史の語り手、その羅針盤たる先達がこの世から去ったのであった。