ムンク。 叫び (エドヴァルド・ムンク)

エドヴァルド・ムンクによる絵画作品の一覧|MUSEY[ミュージー]

ムンクの父はもともと信心深い性格であったが、妻の死後は狂信的なほどキリスト教への信仰にのめり込み、子どもたちを叱るときは異常なほどに厳しかった。

叫び (エドヴァルド・ムンク)

何年も精神的な健康に悩まされていたムンクは、1908年にコペンハーゲンの病院に入院した。 見る見るうちに空が血のように赤く染まる。 また『クラーゲリョーの冬』(1912年)のような風景画も制作した。

11

エドヴァルド・ムンクによる絵画作品の一覧|MUSEY[ミュージー]

1892年、ノルウェーに帰国してから、「生命のフリーズ」という、テーマを持った連作の構想を固め始めた。 | ||| ||| ムンクの不安:絵の鑑賞と解説 ムンクといえば誰しも、「叫び」と題された一点の絵を思い浮かべるだろう。

15

エドワルド・ムンク

また2004年にはムンク美術館が所蔵している作品が盗まれた。 『叫び』 [ ] 僕は、2人の友人と散歩していた。

7

美術手帖

」 つまり「叫び」はこの絵で描かれている人物が発しているのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいる姿を描いたものである。 ナチス・ドイツの台頭と第二次世界大戦が勃発したのです。

18

ムンクの「叫び」 落書きの主は本人 ノルウェー国立美術館分析

息づき、感じ、苦しみ、愛する、生き生きとした人間を描くのだ。

3

有名なムンクの『叫び』、実は叫んでいなかった

さらにオスロの新しい市庁舎の壁画の制作を申し出ましたが、建築作業が33年まで遅れ、ムンクはこの頃には眼を病んでいてもはや絵を描くことが出来ない状態でした。

15