ラプターズ 対 バックス。 イースタン・カンファレンス決勝プレビュー: バックス対ラプターズ

【イースタン・カンファレンス・ファイナル徹底解説】バックス対ラプターズの注目ポイント

続く第2クォーターでも、がペイント内へ侵入した際は、左コーナーのチェックを怠らずにヘルプディフェンスの準備を行った。

7

【イースタン・カンファレンス・ファイナル徹底解説】バックス対ラプターズの注目ポイント

2年連続MVP受賞を視野に入れる絶対的エースのヤニス・アデトクンボを中心に、クリス・ミドルトン、ブルック・ロペスなどのシュート力に優れた選手がその脇を固め、今季リーグ最多の平均得点(118. そして『CBS Sports』のジェームス・ハーバート記者によれば、ラプターズのニック・ナース・ヘッドコーチは、バックスについてあまり良い印象を抱いていないことを明かしました。 でも、みんながステップアップしていたと思うよ。

トロントラプターズ V/S ミルウォーキーバックス

第4Qでは2季連続のMVP、ヤニス・アデトクンボ(26)との1対1でドライブインからのレイアップを阻止し、直後のオフェンスではペイント内でフローターを成功させて5得点目。 その後も味方へ果敢にスクリーンをセットし、ディフェンスのローテーションを崩さなかった渡邊は、最終的に13分53秒の出場時間で5得点とキャリアハイに並ぶ7リバウンドをマークした。 試合数 27 10 3 - 9 2 - 2 2 - 5 12 11 3 0 3 2 Svi Mykhailiuk Svi Mykhailiuk 試合数 37 17 6 - 11 0 - 2 5 - 9 4 1 2 0 4 3 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Sekou Doumbouya Sekou Doumbouya - 27 9 4 - 8 1 - 1 0 - 4 1 1 1 0 1 3 ロドニー マグルーダー ロドニー マグルーダー - 26 20 7 - 14 2 - 3 4 - 6 3 5 2 0 0 3 Saben Lee Saben Lee - 21 20 8 - 11 4 - 5 0 - 0 4 7 0 1 2 3 Isaiah Stewart Isaiah Stewart - 20 6 3 - 5 0 - 0 0 - 0 6 2 0 2 0 4 Deividas Sirvydis Deividas Sirvydis - 3 1 0 - 1 1 - 2 0 - 1 1 0 0 0 0 1 Josh Jackson Josh Jackson DNP ジャーリール オカフォー ジャーリール オカフォー DNP スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ノーマン パウエル ノーマン パウエル 終了 38 36 14 - 20 3 - 3 5 - 8 5 1 1 0 4 2 Yuta Watanabe Yuta Watanabe 終了 11 0 0 - 3 0 - 0 0 - 2 4 0 0 0 0 1 アロン ベインズ アロン ベインズ 捕 24 13 4 - 7 4 - 4 1 - 3 4 1 1 0 1 2 カイル ローリー カイル ローリー 試合数 35 21 5 - 11 8 - 9 3 - 5 4 6 1 1 1 4 Terence Davis Terence Davis 試合数 21 6 2 - 11 2 - 3 0 - 5 3 2 2 0 3 2 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール デアンドレ ベンブリー デアンドレ ベンブリー - 27 0 0 - 1 0 - 0 0 - 0 1 5 0 1 1 4 Chris Boucher Chris Boucher - 25 18 5 - 11 7 - 9 1 - 5 8 1 1 2 3 0 Matt Thomas Matt Thomas - 22 11 4 - 7 1 - 2 2 - 3 0 0 0 0 0 2 Paul Watson Paul Watson - 19 0 0 - 3 0 - 0 0 - 3 4 0 0 0 0 0 スタンレー ジョンソン スタンレー ジョンソン - 18 0 0 - 3 0 - 0 0 - 2 1 1 0 1 1 3 Jalen Harris Jalen Harris DNP Donta Hall Donta Hall DNP. 互いにインサイドを固めて、3ポイントを意図的に相手に打たせることを守備の決め事にしており、それはペイント内の失点数(バックス:38. しかし、それも常に起こるとは限りません。

イースタン・カンファレンス決勝プレビュー: バックス対ラプターズ

なおラプターズは29日に同じタンパでキングスと顔を合わせる。 昨季はカワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)が独力で局面を打開していたが、今季はその役を任されるパスカル・シアカムがまだそのレベルに達していない。 ラプターズはパウエルがゲームハイの26点、5リバウンド、2スティール、カイル・ラウリーが21点、6リバウンドを記録。

キャリアハイに並ぶ7リバウンドを記録したラプターズの渡邊雄太…ディフェンスでアデトクンボと1対1をする場面も

アガスティン - 15 0 0 - 2 0 - 0 0 - 2 2 6 0 0 1 0 Torrey Craig Torrey Craig - 8 0 0 - 1 0 - 0 0 - 0 1 0 1 0 0 1 Thanasis Antetokounmpo Thanasis Antetokounmpo - 0 0 0 - 0 0 - 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 D. 今季のディフェンシブ・レーティングでリーグトップ(102. (カイル)ラウリーは今でも素晴らしいプレイをしている。 しかしこのあと流れを変えることができず、このクオーターの4分10秒にベンチに下がった。 (OG)アヌノビーや、その他のみんなもね。

イースタン・カンファレンス決勝プレビュー: バックス対ラプターズ

8ポイントで、これは2位のラプターズ、ロサンゼルス・レイカーズのプラス7. だから、(我々にとっては)挑戦となるだろう」 次の試合はラプターズのホームで行われ、ラプターズはホームでの直近18試合で17試合に勝利していますが、バックスに分があると考えられています。 「改善しないといけない。

9

【8/11(火)午前7時半 ラプターズ vs バックス】東のコンテンダー対決、勝負の鍵は3ポイントシュート

トロント・ラプターズは2月23日(日本時間24日)のインディアナ・ペイサーズ戦に127-81で大勝した後、その勝利の余韻に浸ることはありません。 レギュラーシーズン2戦目のマイアミ・ヒート戦、4戦目のボストン・セルティックス戦でバックスは敗れましたが、その敗れ方に問題がありました。 守備力では甲乙付け難い両軍だが、オフェンスではバックスが一枚上手と見るべきだ。